Aux Champs-Elysées

フランスのシャンソンってイメージが強い曲ですが、実はイギリスのJason Crestというバンドの曲で『Waterloo road』がドーバー海峡を渡ってフランス語の歌詞をつけて歌われたのが『Les Champs-Elysées』でした。

Jason Crest - Waterloo road

オリジナルはロンドンのWaterloo通りを舞台にしており、それをパリのシャンゼリゼ通りに差し換えて、Joe Dassinの歌で1969年に発表され世界的に有名な曲となった。
Joe Dassin - Les Champs-Elysées

なにを今更な感じですがすべてこの曲の前振りです。久々に昨日は午前中で仕事が終わったので、下北へ行きハウスさんとこでコーヒーのみ、ブラブラ友達の誕生日プレゼントでも探そうかなっと思ったけど、なんとなく中古レコード屋であさってると懐かしいNOFXのアルバムを見かけたので、家に帰ってからNOFXのLes Champs-Elyséesを聴いてみた。

Nofx - Champs Elyses

NOFX 【So Long And Thanks For All The Shoes】

1. It's My Job to Keep Punk Rock Elite
2. Kids of the K-Hole
3. Murder the Government
4. Monosyllabic Girl
5. 180 Degrees
6. All His Suits Are Torn
7. All Outta Angst
8. I'm Telling Tim
9. Champs Elyses
10. Dad's Bad News
11. Kill Rock Stars
12. Eat the Meek
13. Desperation's Gone
14. Flossing a Dead Horse
15. Quart in Session
16. Falling in Love



Copyright 2006| Blogger Templates by Photon modified and converted to Blogger Beta by Blogcrowds.
No part of the content or the blog may be reproduced without prior written permission.